genkidayonの気になる健康情報

健康増進中高年Shop店長が気になる健康情報を発信してます。健康増進中高年Shop(http://genki.daa.jp/)にもお越しください。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
SPONSORED LINKS-
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
キーワードでさがす
カスタム検索
すべての記事を見る
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
肉類と結腸癌リスク
JUGEMテーマ:健康
国立ガン研究センターの多目的コホート研究班が11/28日
に興味深い情報を発表しました。

日本人の男性は、肉類全体の摂取量が多いと結腸ガンに
なりやすく、女性は赤肉の摂取量が多いと結腸ガンになり
やすくなります。
>
45才〜74才の男女8万人を調査した結果です。

男性でも赤肉で結腸ガンのリスク が上がることは否定
できないとしています。

牛肉や豚肉も含めて食べ過ぎないように警告を鳴らしています。

今まで、赤肉だと脂肪分が少なくて、健康にはいいかなと思って
いましたが、赤肉でも食べ過ぎると結腸ガンになりやすいことが
今回の報告でわかりちょっとショックです。

やはり食べ過ぎはだめですよね。


結腸ガンって大腸ガンとどう違うの?という疑問が出できました。

結腸とは大腸のうち、盲腸と直腸との間をなす部分です。
大腸ガンのうち、直腸ガンは50%〜60%を占めます。

残りの結腸ガンの発生部位は、直腸の手前にあるS状結腸と
上行結腸に多いそうです。

加齢とともに結腸ガンは増加し、ピークは60才〜70才代で
あるとされています。

ガン関連情報 | 14:39 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 14:39 | - | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.