genkidayonの気になる健康情報

健康増進中高年Shop店長が気になる健康情報を発信してます。健康増進中高年Shop(http://genki.daa.jp/)にもお越しください。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
SPONSORED LINKS-
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
キーワードでさがす
カスタム検索
すべての記事を見る
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
皮ふがかゆい ドライスキン 対策
JUGEMテーマ:健康
 空気が乾燥していると体の皮ふがカサカサしたりかゆくなったりする
人がふえます。
又、年をとると皮ふがかゆい人が多くなります。

原因は。。。。。。。。

 原因は皮脂の欠乏です。

皮ふの一番外側にある表皮の角質は以下の3つの物質により、うるおい
を保っています。

☆天然保湿因子  (角質細胞の中にあります)

☆角質細胞間脂質 (角質細胞間のすき間をうめています)

☆皮脂膜       (角質細胞の上に薄い膜を作っています)

これらが何かの理由でへるの肌は乾燥してしまいます。
すると角層がはがれてすき間ができ、水分を蒸発してしまいます。
さらに皮ふが乾燥します。

外からの異物が入ったり炎症をおこしてしまいます。
又、かゆみの知覚神経が表皮に伸びてかゆみを感じやすくなります。

ですから皮脂を取り過ぎないことが大事です。

日常生活での予防

○ あつすぎる風呂は皮脂が落ちやすいので40度位がいい

○ 体をゴシゴシ洗ったり、石鹸や洗浄剤をつかいすぎると皮脂が
落ちてしまうので注意

○ 入浴後は保湿剤を使う

○ エアコンを使うときは湿度を50%位に保つ

乾燥による皮ふのかゆみ 売れ筋ベスト4はこちらです。
 

高齢者と健康 | 09:51 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 09:51 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.