genkidayonの気になる健康情報

健康増進中高年Shop店長が気になる健康情報を発信してます。健康増進中高年Shop(http://genki.daa.jp/)にもお越しください。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
SPONSORED LINKS-
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
キーワードでさがす
カスタム検索
すべての記事を見る
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
マダニ感染対策
JUGEMテーマ:健康
 マダニからウイルスが感染して亡くなられた方が4名発表
されました。ご冥福をお祈りいたします。
そのウイルスはSFTS(重症熱性血小板減少症)です。
このウイルスは以前から国内に存在していた可能性が高く、
流行する可能性は低いとされていますが、注意が必要です。

このウイルスを持っているダニは

フタトゲチマダニやオウシマダニです。

フタトゲチマダニは都会でも草むらなどにいます。

■ マダニに感染するとどんな症状になるか?
   
感染後、6日〜2週間で発熱、嘔吐、下痢などの症状が
現れます。
致死率は12%です。
患者さんの血液や体液にふれない限り、人から人へ感染する
ことはないそうです。

■ マダニ感染の予防対策は?

   マダニに刺されないことが一番の予防です。
山や草むらに入るときは、帽子、ゴーグルをして首には
タオルを巻きましょう。

もちろん、長そで長ズボンを着用です。
手袋をします。手袋と袖の間もガムテープをまいて手首の皮ふを
出さないようにします。

ズボンのすそを靴下の中に入れてガムテープで止め、足首の皮ふも
出さないようにし、長靴をはきましょう。

また、虫よけスプレーをかけておきましょう。

■マダニに刺された時の対処

マダニを見つけたらあわててとろうとしない。
マダニは口器を皮ふに差し込んで1週間ほど血を吸い続けます。
無理にとると、口器がちぎれて、体内に残ってしまい、炎症をおこして
しまうので医療機関に行きましょう。

ワンちゃんもお散歩などでマダニがつかないように注意したいですね。

フロントラインプラスは動物病院の先生からもよいとされています。
 




気になる健康情報 | 20:38 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 20:38 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.