genkidayonの気になる健康情報

健康増進中高年Shop店長が気になる健康情報を発信してます。健康増進中高年Shop(http://genki.daa.jp/)にもお越しください。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
SPONSORED LINKS-
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
キーワードでさがす
カスタム検索
すべての記事を見る
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
風疹予防接種の優先協力
 風疹が大流行していることは連日テレビで放送されています。
大流行の一要因は、風疹ウイルスの感染力が高いからです。
 インフルエンザウイルスは一人の患者さんから1〜2人に感染
しますが、風疹ウイルスは一人から5〜6人を感染する力があります。

爆発的に風疹の患者さんが増えています。
風疹が問題になるのは妊娠初期の妊婦さんが感染すると
赤ちゃんが先天性風疹症候群になる恐れがあることです。

先天性風疹症候群は、風疹ウイルスが母体感染によっておこる先天
異常で、母親から母子感染がおこる頻度は妊娠3か月までは50%
です。
先天異常とは、赤ちゃんに難聴や白内障、心臓病などがおこります。

これを防ぐためには、女性は妊娠前の風疹ワクチンの予防接種が
有効です。

又、その女性の周囲にいる男性も風疹予防接種をしてほしいと呼び掛けて
います。

風疹ワクチンが集団接種から、個人接種に変わった移行期の時期にあたる
25歳から34歳の人は風疹予防接種率は低くなっています。

そのため、20才〜40才代の男性が現在、風疹に罹っている人が多い
です。

これを受けて風疹予防接種を受けた人は、2013年4月で9万人、5月は
32万人と急増しています。(例年ですと1年に30万人代受けている)
このペースで行くと8月には風疹ワクチンの在庫がなくなると厚労省は
見ています。

そこで、妊娠希望者やその家族を優先してと協力を呼び掛けています。


気になる健康情報 | 13:59 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 13:59 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.