genkidayonの気になる健康情報

健康増進中高年Shop店長が気になる健康情報を発信してます。健康増進中高年Shop(http://genki.daa.jp/)にもお越しください。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
SPONSORED LINKS-
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
キーワードでさがす
カスタム検索
すべての記事を見る
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
うつ病性仮性認知症の解決策
「まさか認知症」の続きです。
うつ病性仮性認知症の実例△任后

実例◆62才の女性の場合
ある夫婦(夫69才、妻62才)は、郊外に家を建て引っ越して
きました。夫は仕事で一日中家を空けているので妻は、家
でひとりぽっちです。

新しい土地で念願の新築の家でもあるのに、妻は
何もする気がなく友達もなく、ただボーっとして
いる日々を過ごしていました。

このところ忘れっぽくなり、単語も出できません。
この妻もうつ病性仮性認知症でした。
脳の前頭葉の画像を見ても真っ青で血流が少ない
事が確認されました。脳が活発に働いていれば
赤くなります。


実例の,皚△砲盍超が変わってうつになり、
認知症のような症状になってしまいました。
うつ病性仮性認知症の第一人者である先生が
教えてくれました。
 
うつ病性仮性認知症解決策は
 〇曲發鬚垢
◆\醋を作る

,了曲發漏阿らの刺激を受けて体全体の血流が
よくなります。
∪醋は俳句と比べて季語もいらないので、頭を
使うには良いとのことです。

うつ病性仮性認知症の解決策は
30分の散歩をしながら川柳を作るというものでした。
62才の妻は、これを実行しました。初めは単語がでて
こなかったり、思い浮かんだ前の言葉を忘れてしまったり
しましたが、毎日やっているうちに、30分の散歩で何個も
川柳ができて、楽しくなってきました。
又、毎日の生活にも、積極性が出てきて、家の周りの草
むしりをしたりとやる気が出てきました。
顔つきも以前のぼーーーとした状態から、はつらつとした
顔つきに変わってきました。
病院で前頭葉の画像を見ると、赤くなっているところが
増えて、明らかに脳の改善がみられています。

体を動かして、血流をよくし、頭を使う事が解決策に
なりますね。
(この内容はTVで放映されたものをまとめたものです)



 
高齢者と健康 | 16:36 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 16:36 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.